2011年5月15日 (日)

フローレス島ギラファノコギリ

5月6日~5月13日、インドネシアフローレス島へ
ギラファノコギリの観察&採集に行ってきました。

移動に時間がかかり、3泊4日の日程(フローレス島)でしたが
初日はホテルに移動して終わっていまい
帰りの日もホテルから空港に移動するだけとなってしまい
現地での活動は丸2日間となりました。

それでも、現地のガイドがいろいろと案内をしてくれたので
無事撮影、観察、採集をすることができました。

島での様子は動画にまとめてみました。

↓↓↓↓↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=vBEVyQPv198

よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

帰宅しました

7月6日奄美大島より帰宅しました。今年の奄美大島はここ数十年類を見ない暑さで、連日34~36℃を記録し、地元の方も大変驚かれていました。また、南西諸島では南の島特有の夕立がありますが、今年は梅雨が明けてから夕立も少なく、夜になっても気温が下がりません。地元の方は、まだ梅雨が明けたばかりでこの暑さ、夏本番はこれからでいったいどれだけ暑くなるのか心配していました。

クワガタ採集の方はまずまずの成果でしたが、目標であったアマミノコギリクワガタの78mmオーバーは採集できず、最大は76mmでした。ノコギリクワガタ中心の採集をしたため、他の種類のクワガタムシは良い成果が上がらず、スジブトヒラタ、アマミヒラタ、アマミコクワ、アマミシカなどのクワガタムシは小さい個体ばかりです。

今年は大変暑かったため、採集方法のメインであったバナナトラップがあまりの暑さのためすぐにだめになってしまい苦労しました。おまけに夜になると風が吹いていまい、またその風が熱い風で、バナナトラップの乾燥を速めるのでした。

採集品は現在整理中ですので、明日には生体リストにアップできるかと思います。アマミノコギリクワガタはそこそこ数はいますが、他の種類は少ないです。

※写真は面白いものがたくさんあるのですが、エラーになってしまいうまくアップできないため明日になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

出発!

明日より南西諸島に採集に出発いたします。そのため、しばらくこのブログをお休みさせていただきます。成果などはむし社に出社しだいこのブログにて報告いたしますので、よろしくお願いいたします。

今日はしばらくブログを休むため、いろいろ書きたいこともあるのですが、出発前の残った仕事や準備、自宅の生き虫の世話などで本当に時間がありません。帰宅後このブログで皆さんと会えることを楽しみにしています。それでは、行ってきます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

おかしい?野外活動その4

予告のとおり山梨県方面に出かけたのですが、まったくミヤマクワガタがいません?気温も高くなかなかのコンディションと思えたのですが、いったいどうしたことなのでしょうか?先に採集している先行者がいたのかもしれませんが、とにかくまったく見つかりませんでした。本来この時期になればそれなりに採集できるはずなので、この結果はショックです。こんな時にかぎって採れないくせに意地で通ってしまいそうなのが怖いです。

追記:知人にこの話をしたところまったく同じ場所へ前日採集に来たとのことでしたが、ミヤマは1♂のみでその他のクワガタはまったく採集できなかったそうです。特に標高の高いところは虫の発生が大幅に遅れているのかもしれません。Img_2559

前回に比べると気温も大幅に高かったのに残念!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

行ってきます!

今日は久しぶりに蒸し暑い一日となりました。夕方、中野駅の近くを歩きながらさぞかし虫も活発に動いているだろうと考えていたら、どうしても採集に行きたくなってきました。インターネットで天気予報を調べてみると、今日山梨県は32度まで上がっていて、明日からまた梅雨空に戻りそうなため今日がワンチャンスと思うと、さらにその思いが強くなってしまい採集決定です!

先日ミヤマが1頭しか採れなかったので、同じ場所へリベンジマッチです。暑くなったとはいえ、クワガタの発生はいまいちのようですが、この時期は一日一日と夏に向けて季節が進んでいるので、たった2~3日で虫の発生もがらりと変わることがあります。そのがらりと変わることに期待しているのですが、おそらくまだ早いのではと思います。しかし、あれから1週間たっているので、先週よりはまともな成果が上がるはずです。目標はミヤマ10♂♂?

そんなわけでこれから出かけますので、今日は飼育記事はありません・・・ご勘弁を!明日の成果に期待していてください!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

野外活動その3(ミヤマクワガタ)

6月10日はかなり蒸し暑く、夕方になっても気温が落ちず、天気予報でも10日~11日の天気はそれほど崩れそうもなかったので、ちょっと早いと思いましたが今年最初のミヤマクワガタの採集に行って来ました。

朝3時に出発して、山梨県の大月市に向かったのですが、雨が降り出してしまい、大月につくころには本降りになってしまいました。しかもかなり気温が低く、出発のころは高かったテンションも下がり気味です。

ポイントに到着しましたが、天気予報を完全に信用していたため、カサも持ってきていません。雨は本格的に降ってきてしまい、肌寒く最悪のコンディションですが、せっかくきたので車を道脇に止めてルッキングの開始です。

こんな天気なので、全ての木を見る気力もなく毎年良く採れる木を揺らしながら順番に見ていきますが、まったくミヤマがいる気配がありません。シーズンになれば必ず採れる木もまったくだめです。時期も早いしこの天気と思い、あきらめかけた時です。ガードレールの下のヤナギに目がいきました。なんと細枝の先に大型のミヤマがついているのが見えます。雨が降っていて、気温が低いためか、かろうじて枝先につかまっている感じです。網でつついてもまったく動かないので、柳の枝を網でたぐり寄せて、手で捕まえました。たかがミヤマですが、今年初採集ですのでなかなか気分が良いです。しかも、ミヤマはライトトラップなどででとることが多く、木で採集するのはまた喜びが数倍違うものです。Img_2453Img_2454

気分を 良くして次々と柳の木を見ていきますが、やはり時期が早すぎたのと、この悪天候ではどうしょもなく、適当に切り上げて会社に向かいました。帰りの甲州街道に設置された温度計を見るとなんと13℃しかありません。自分がミヤマを採集していた場所は標高1000mはあるので10℃くらいしかなかったかもしれません。これでは寒すぎてクワガタがいるわけないですね。Img_2465_1

何とか採集できたミヤマクワガタを会社で見てみると、ものすごいきれいに微毛がそれっています。発生初期を思わせる美しい個体です。あと10日もすれば個体数が増えていると思いますので、また再チャレンジしたいですね!Img_2477_1

※この写真は会社で撮影しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

2006年野外活動その2

今年二回目の採集です。場所は前回と同じく近所の林です。5月16日に出かけた時は、コクワ1頭すら見ることができませんでしたが、あれから1週間たち、どれだけ状況が変わった楽しみです。

早速林に突入しましたが、樹液の出ているところはまだあまり増えておらず、1週間前と特に変わった気配がありません。柳の木にはゴキブリばかりです。これではどうにもならないので、とりあえず前回樹液が良く出ていたところを先に見回ることにします。何本か樹液の出ている場所を見ますが、まったくクワガタが見当たらず、いったいどうなってるのかという感じです。この場所は例年この時期になると、コクワガタがいたるところについているのですが、まったく見当たりません。それでも何とか1頭のコクワメスを採集でき、穴に潜むコクワ2♂♂を見つけることができました。

今年は季節の進みがかなり遅れている感じがします。あと2~3日では状況が変化しそうもないので、この場所に来るのはまた1週間後にします。それかバナナトラップを気が向けば仕掛けてみるつもりです。

5月23日 コクワ1♀ 採集時間は1時間30分です。いったい夜中に何をやっているのでしょうか?写真は何とか捕まえることのできたコクワガタ♀です。Img_2243

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

2006年野外活動その1

5月16日の夜は生体入荷情報をアップしていたのですが、会社の帰りにクワガタ採集に行くことを考えていたら、だんだんテンションがあがってきてしまい、ついには生体入荷情報を最後までアップせずにクワガタ採集に向かってしまいました。当初は、どうせ採集できてもコクワぐらいだろうと考えており、どちらかといえばめんどくさいからやめようかとも思っていましたが、会社の倉庫から懐中電灯などを取り出してしまったら、採集魂に火がついてしまったようです。

採集ポイントは家の近所ですので、特に何も用意せず駅から直接ポイントに出かけたのですが、ひさしぶりの深夜の河川敷は(ポイントは河原)結構不気味です。乗っている自転車はライトが壊れてしまっているので、前が良く見えず、サイクリングコースに突然現れる車止めにぶつかりそうになり、暗闇での無灯火運転は危険だと身をもって感じました。(早速今日ライトを買いました)

ポイントにつき樹液の出ている木を探します。この時期は採集者がまだ来ていないせいか下草が思い切り伸びており、足元が良く見えません。しかも細い水路があったりするので、突然落ちそうになり思っているよりは危なかったりします。夜露もひどく1度家に帰ってから長靴を履いてくればよかったと思いました。最初の木を見ましたが、時期が早いようでまだ樹液が出ていません。その奥の木は何か黒い塊がたくさん止まっているので、見てみると全てゴキブリでした。周りの木も樹液は少しずつ出ているのですが、まったくクワガタがいません。気温も思ったよりは高く蒸しているので期待していたのですが、1匹のコクワすら見当たらないので、意地になって藪の奥にあるヤナギの木にも深夜の藪こぎを敢行しましたがまったくの徒労でした。あまりのいなさかげんに他の採集者が来ていることも考えましたが、林内にある細い道はくもの巣がびっちり貼っていて、少なくともこの夜にこの場所に訪れた人がいることは考えにくく、やっぱり時期が早かったのかもしれません。

林を出ると夜露で靴とズボンはビショビショになり、上半身は長袖を着ていたので汗でびっしょです。帰りの自転車でコクワごときに熱くなってしまう自分がおかしく思えましたが、採集を始めてしまうといつも周りが見えなくなり、「この奥にはもしかしたら・・・」という妄想が膨らみ、林の奥深くに入り込んでしまいます。家の近所なので、軽い気持ちの採集でしたが、河川敷は下草が伸びるのと大雨で増水した時に地形が変わってしまい前年の経験はあまり生かしきれません。次回は下見をしてどこに木があるかを良く把握してから再挑戦ですが、この調子で良くと会社帰りのクワガタ採集はしばらく続きそうです。Img_2140 Img_2142 Img_2143 Img_2148_1

写真は後もう少しで夏を迎えるヤナギの樹液。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2011年ペルー お正月 かぶとむし アクテオン アクベシアヌスミヤマ アヌビスゾウカブト アマミミヤマクワガタ アルキデスヒラタ イベント! インスラリスキンイロ インドアンタエウス インドグランディス エレファスゾウカブト オキナワマルバネクワガタ オーベルチュールシカクワガタ カマキリ! ガチャガチャ ギアスゾウカブト クーランネブトクワガタ グラウトコクワ グラディアトールメンガタクワガタ グラビゲイルタテヅノカブト ケンタウルスオオカブト コガシラクワガタ コンフキウスノコギリクワガタ ゴホンツノカブト ゴロファ・ポルテリ サタンオオカブト サバゲノコギリ サビイロカブト シェンクリングオオクワガタ ショップ訪問 ジャワギラファ スツラリスオオクワ スマトラヒラタ(アチェ) セール関係 ゼブラノコギリクワガタ タカラヒラタクワガタ タランドゥスオオツヤ2008 タランドゥスオオツヤクワガタ ダイスケギラファ チュウゴクシカクワガタ テルシテスヒメゾウカブト ディディエールシカ ドウイロクワガタ ニジイロクワガタ ネプチューンオオカブト ノコギリタテヅノカブト パチェコヒメゾウカブト パプアキンイロ パラワンヒラタ ヒラタクワガタ ヒルスシロカブト ビルマゴホンツノカブト ファブリースノコギリ(タリアブ) フェモラリスツヤ(ボルネオ産) フォルスターフタマタ(ミャンマー) フランシスノコギリ フローレスギラファ ブリードアイテム ブルマイスターツヤクワガタ プラティオドンネブト ヘラクレス・ヘラクレス ヘラクレス・オキシデンタリス ヘラクレス・リッキー ペット ペロッティシカクワガタ ボルネオオウゴンオニ マルスゾウカブト マレーコーカサス ミカルドキンイロ ミクラミヤマクワガタ ミンダナオパリーオオクワ ムナコブクワガタ メガソマヨルゲンセン メタリフェル(ぺレン) メンガタクワガタ モセリオウゴンオニ ヤエヤママルバネクワガタ ユダイクスミヤマ ヨルゲンセンヒメゾウカブト ヨーロッパミヤマ ラコダールツヤクワガタ ラフェルトノコギリ レギウスオオツヤクワガタ ローゼンベルグオウゴンオニ 入荷情報! 出演 採集 昆虫 最新入荷情報! 趣味 野外活動 飼育