2008年7月27日 (日)

レギウス羽化!

なかなかブログが更新できず申し訳ありません。

色々羽化してきているのですが、レギウス84.2ミリが羽化しました。

これはいつもやっている、コバシャ中にカワラ材をカワラ菌糸で埋め込んだもので羽化させました。

菌糸ビン飼育では、外から幼虫が見えるので成長過程を楽しむことができます。それに対し、材飼育は外からまったく見えないのでつまらないと感じてしまいますが、大きな個体が材の中で成虫になり、それを材から割り出して出てきた時の嬉しさは菌糸ビン飼育の非ではありません。

材飼育はちょっとめんどくさいですが、材を「パッカ」と割った時に出てくる嬉しさは病み付きになりそうです。R1042883

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

レギウスオオツヤ菌糸交換

レギウスオオツヤクワガタ(Mesotopus regius )の菌糸交換をおこないました。タランドゥスでは大形個体を狙っているとブログに書きましたが、レギウスも少しだけと思い飼育しています。大きな個体を狙うためには大形のケースが必要と考えているので、コバエシャッターの中ケースに菌糸をつめたものを使っています。予定ではこのままこのケースの中で羽化させたいと思っていますが、どうなりますでしょうか?

今回は2頭のオスの幼虫を選んでいます。投入時の体重は12gと14gでした。R0012066

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

レギウスふ化

先日、卵で取り出しをしたレギウスオオツヤ(Mesotopus regius )の卵がふ化していました。16個の卵がありましたが、無事ふ化していたのは16個中11個の卵です。カワラの菌糸カップ(120cc)を作っておいたので、カワラ菌糸カップで2令幼虫まで育て、800ccのビンに移すつもりです。カワラの菌糸カップは自作したものですが、クワガタの初令幼虫をカワラの菌糸カップに入れる場合、菌糸をカップ強く詰めないほうが、初令幼虫に限り良いかもしれません。あまり硬くつめると、初令幼虫が菌糸にもぐれないことがありました。

ふ化率は、そんなものなのかもしれませんが、その後再セットした産卵木にもよい感じに穴を掘っていたので、割り出してみたのですが、出てきた卵はたったの1個?メスはまだ元気なのですぐに再セットしてみましたが、どうなるでしょうか?Img_4063

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

レギウスオオツヤ割り出し

2月20日にセットしたレギウスオオツヤクワガタの割り出しをおこないました。かなりいい感じで、レイシ材に穿孔していたのでまず間違いなく産卵している感じでした。割り出した結果16個の卵を割り出すことが出来ました。材中の卵の写真だけではなくて、材に穿孔している様子の写真もとっておけばよかったと思います。Img_4036 Img_4039

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

レギウスオオツヤブリード開始

レギウスオオツヤクワガタのブリードを開始しました。去年の7月に羽化した個体なので、十分に成熟しており、ちょうど良いブリード時期だと思います。どちらかといえば、体の太い凶悪なイメージがあるタランドゥスの方が自分の好みなのですが、じっくり見るとレギウスも悪くありません。後数日同居させておいてから、セットを組みたいと思います。Img_3939

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

レギウスオオツヤ羽化

レギウスオオツヤクワガタの♂が全て羽化しましたので、全ての個体を計測しました。全てといっても3♂だけなのですが、無事羽化しています。結局最初に羽化した個体が一番大きく、ビンの外側から見た感じでは75mmあるかと思っていたのですが、72mm、後の2♂は小型で66mmと69mmでした。今回は無事羽化してくれればと思っていたので、大きさには目をつぶって次世代に期待です。おそらく年末あたりからのブリード開始になるかと思います。また、1♂2♀♀はトリオで販売しようと思っています。 Img_3293 Img_3290

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

レギウスオオツヤ菌糸交換

レギウスオオツヤの菌糸を交換いたしました。最後にふ化した幼虫は菌糸ビンがなかったので、菌糸ブロックに4頭まとめて投入していました。ちょっと手荒いとは思いましたが、時間がなかったのでやってしまった感じです。4頭とも無事に生存していましたが、全てメスの幼虫でした。現在の状況は3♂♂10♀♀で、未確認の幼虫が3頭います。

明日よりゴールデンウイークセールに突入します。今日はサタンオオカブトが新たに入荷しました。ゴールデンウイークセールは5月3日~5月7日までやっていますので、ぜひともお越しください。写真はレギウス幼虫入り菌糸ブロックを割ってみた写真。Img_1802_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

レギウス菌糸ビン交換

1月15日に菌糸ビンに投入したレギウスの菌糸ビンの交換をおこないました。つい先日まで、ビン投入後2ヶ月たっているのにもかかわらず食痕が現れなかったので心配でしたが、無事6頭とも3令幼虫になっていました。2♂♂4♀♀の割合です。割り出したときの印象は、タランドゥスに比べると一回り幼虫が小さいことです。もちろん、3令初期なので幼虫が小さいのはあたりまえですが、頭、足などのパーツが一回り小さいのです。タランドゥスのオスの頭幅は小さいと13.5mm大きいと15.0mmぐらいの幅がありますが、今回のオスの幼虫は12.7mmと11.6mmです。メスもタランドゥスの場合12.0~13.0mmくらいありますが今回のメスは10mm台×3頭、11.1mm1頭でした。レギウスの飼育は今回が初めてなので、この幼虫が大きいのか小さいのかなんともいえませんが、大きな個体を羽化させるには基準となるデーターが必要なので、最後までしっかりと記録していきたいと思います。Img_1285 Img_1289

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

レギウスオオツヤ割り出し

レギウスオオツヤの割り出しをおこないました。種親は♂79mm♀48mmWILDです。2005年12月に1回目の産卵で、卵7個を回収し、6頭の幼虫を得ることができました。そこからなかなか産卵材に穿孔せず、2006年2月5日前後に穿孔を開始しました。割り出すにはちょっと早いと思ったのですが、卵が腐ってしまう前にと思い、本日割り出してしまいました。結果は卵9個(1個腐り)。うまくいけば8頭の幼虫が得られるわけですが、結果は20日後ですね。卵はすべて、クワガタ用の発酵マットの中で管理中です。

しかし、高い虫はどきどきしますね!12月に6個の卵が無事幼虫になったときは、めちゃめちゃうれしかったのですが、そこから次が続かない。1回目の産卵終了時点で、メスの体重は5gを超えていました。48mmで5gあれば十分産卵できるはずなのですが、材を変えても交尾をさせてもまったくだめで、ちょろちょろっと材をかじってはすぐに休憩です。結局、2回目の産卵は2ヵ月後になってしまいました。産卵しない一番の原因は産卵しているか気になってしまい、しょっちゅう見ていたのもいけなかったかもしれませんが・・・

今現在、メスの体重は4.1g。餌を食べさせればもう少し回復すると思います。メスの体重的には、まだまだ産卵可能と思われるので、再度交尾をさせて、じっくり餌をだべさせ休養後に再セットの予定です。それより、最初の幼虫、早く食痕でてきてくれ~。1月15日に菌糸ビンに投入したのregius1に、まだ一匹も食痕が出てきてない?本当に大丈夫か! regius2 regius3 IMG_0479

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

2011年ペルー | お正月 | かぶとむし | アクテオン | アクベシアヌスミヤマ | アヌビスゾウカブト | アマミミヤマクワガタ | アルキデスヒラタ | イベント! | インスラリスキンイロ | インドアンタエウス | インドグランディス | エレファスゾウカブト | オキナワマルバネクワガタ | オーベルチュールシカクワガタ | カマキリ! | ガチャガチャ | ギアスゾウカブト | クーランネブトクワガタ | グラウトコクワ | グラディアトールメンガタクワガタ | グラビゲイルタテヅノカブト | ケンタウルスオオカブト | コガシラクワガタ | コンフキウスノコギリクワガタ | ゴホンツノカブト | ゴロファ・ポルテリ | サタンオオカブト | サバゲノコギリ | サビイロカブト | シェンクリングオオクワガタ | ショップ訪問 | ジャワギラファ | スツラリスオオクワ | スマトラヒラタ(アチェ) | セール関係 | ゼブラノコギリクワガタ | タカラヒラタクワガタ | タランドゥスオオツヤ2008 | タランドゥスオオツヤクワガタ | ダイスケギラファ | チュウゴクシカクワガタ | テルシテスヒメゾウカブト | ディディエールシカ | ドウイロクワガタ | ニジイロクワガタ | ネプチューンオオカブト | ノコギリタテヅノカブト | パチェコヒメゾウカブト | パプアキンイロ | パラワンヒラタ | ヒラタクワガタ | ヒルスシロカブト | ビルマゴホンツノカブト | ファブリースノコギリ(タリアブ) | フェモラリスツヤ(ボルネオ産) | フォルスターフタマタ(ミャンマー) | フランシスノコギリ | フローレスギラファ | ブリードアイテム | ブルマイスターツヤクワガタ | プラティオドンネブト | ヘラクレス・ヘラクレス | ヘラクレス・オキシデンタリス | ヘラクレス・リッキー | ペット | ペロッティシカクワガタ | ボルネオオウゴンオニ | マルスゾウカブト | マレーコーカサス | ミカルドキンイロ | ミクラミヤマクワガタ | ミンダナオパリーオオクワ | ムナコブクワガタ | メガソマヨルゲンセン | メタリフェル(ぺレン) | メンガタクワガタ | モセリオウゴンオニ | ヤエヤママルバネクワガタ | ユダイクスミヤマ | ヨルゲンセンヒメゾウカブト | ヨーロッパミヤマ | ラコダールツヤクワガタ | ラフェルトノコギリ | レギウスオオツヤクワガタ | ローゼンベルグオウゴンオニ | 入荷情報! | 出演 | 採集 | 昆虫 | 最新入荷情報! | 趣味 | 野外活動 | 飼育