2006年5月27日 (土)

モセリオウゴンオニ羽化(♀)

モセリオオウゴンオニのメスが羽化しているようなので、キンシビンの中から取り出してみました。3頭いたのですが、かなりの短期間で羽化してしまったので、大きさを測る気がおきないほどたいしたことない大きさです。だいたい40㍉ちょっとといった感じでしょうか?オスが羽化した時にでもきっちりと計測した見たいと思います。Img_2275

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

モセリオウゴンオニ蛹化

モセリオウゴンオニCが蛹化しました。最終体重は22gです。ガラス越しに見た感じでは、「おお!これは!」と思ったのですが、実際に蛹を見てみると思ったよりはたいしたことありませんでした。モセリのマイギネスは72mmですので、これよりは大きく羽化してもらいたいですね!Img_2237

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

モセリオウゴンオニ前蛹

モセリオウゴンオニが前蛹になりました。今期第一号です。最終計測体重は22gでしたので、70mmは確実に超えてくるかと思います。予想では72mm~73mm程度と考えているのですが、どうなることでしょうか?他の幼虫もかなり黄色くなり蛹になる気配を見せているので、夏ごろには多数のオスが羽化していることと思います。まあ、多数といっても10頭程度ですが・・・。

セールはおかげさまで大反響です。5/4、5/5も初日ほどではありませんがたくさんのお客様に来店いただきました。人気のくじ引きは、一等は結構出ているのですが、特賞はまだ出ていません。金色の玉は4つ入っているので、確率的にはもう出ても良いのですが・・・。金色が出ないと、本当に金が入っているのかという疑惑も出てしまうので、残りの2日間に期待です。写真はモセリの前蛹。Img_1808

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

モセリオウゴンオニ菌糸ビン交換

1月~2月にかけて菌糸ビンの入れ替えをしたモセリオウゴンオニのキンシビンの入れ替えをおこないました。使用している菌糸ビンはカワラ菌糸で、菌糸ブロックを2000ccのビンに自分で詰め替えたものです。オスの頭幅は11.0mm~12.2mm、体重は15g~22gの間に収まりました。体重はまだこれから変動があると思うのですが、オスの頭幅は11.0~12.2mmと1.2mmも個体差があります。この1.2mmの差が成虫になった時にどこまで体長に影響が出るのか、サンプルはたった8頭と少ないですが楽しみです。たとえばモセリのギネスを狙った場合、頭幅12.2mmで最後に計測した体重が25gあり、幼虫が菌糸ビン内で暴れず順調に羽化したとするといったい何mmになるのかがわかれば、次の飼育に大変役に立ちます。

頭幅が大きくても体重が増えなければ大きくならないですし、体重があっても頭幅が小さければ大きな個体にはならないと思っています。もし、これらの条件をみたした幼虫を手に入れたとしても、今度はその幼虫にあった最も良い環境で育てなくてはいけません。こちらが良い環境だと思っていても、幼虫にとってはその条件が良いともかぎりません。クワガタの飼育はある程度まで理論で詰めることができますが、最後は偶然と運に任せることになるとおもいます。今回のモセリも一応20℃前後が適温と思い飼育していますが、いったいどれくらいの成虫が羽化してくるか楽しみです。最終的な目標は80mmですが、手応えを感じ取るためには75mmは羽化してほしいです。

少量ですが生体もアップしたのですが、目玉のフルストルファーオウゴンオニはすぐに売切れてしまいました。

  頭幅 2005/11/26 2006      
モセリA 12.2mm   1/15/2令幼虫 3/15/15g    
モセリB 11.9mm   1/15/2令幼虫 3/13/18g    
モセリC 11.5mm   1/15/2令幼虫 3/1/22g    
モセリD 11.9mm   2/13/3令??g 3/13/16g    
モセリE 11.5mm   2/13/2令幼虫 3/26/15g    
モセリF 11.0mm   2/13/3令??g      
モセリG 12.0mm   2/13/3令??g 3/26/18g    
モセリH 11.5mm   2/13/3令??g 3/22/21g    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

モセリ菌糸ビン交換

マレーシア・キャメロンハイランド産のモセリオウゴンオニの菌糸ビン交換をおこないました。去年の11月にふ化した幼虫ですが、管理温度が低かったためか、あまり成長していません。ほとんどの幼虫が3令幼虫になっていますが、3令幼虫なりたてのため、体重の測定はおこないませんでした。80mmを目指すにあたり、頭幅12.5mm以上の幼虫の出現を期待したのですが、今のところ12.0mmが最大です。♂と思われる2令幼虫が4頭残っていますので、そちらに期待です。尚、♀幼虫も何頭かいるのですが、♀は管理表からはずしてしまいました。 ※2005年11月26日ふ化の幼虫です。

  頭幅 2006/1/15 2006/2/13      
モセリA   2令幼虫        
モセリB   2令幼虫        
モセリC   2令幼虫        
モセリD 11.9mm   3令??g      
モセリE     2令幼虫      
モセリF 11.0mm   3令??g      
モセリG 12.0mm   3令??g      
モセリH 11.5mm   3令??g      

3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2011年ペルー | お正月 | かぶとむし | アクテオン | アクベシアヌスミヤマ | アヌビスゾウカブト | アマミミヤマクワガタ | アルキデスヒラタ | イベント! | インスラリスキンイロ | インドアンタエウス | インドグランディス | エレファスゾウカブト | オキナワマルバネクワガタ | オーベルチュールシカクワガタ | カマキリ! | ガチャガチャ | ギアスゾウカブト | クーランネブトクワガタ | グラウトコクワ | グラディアトールメンガタクワガタ | グラビゲイルタテヅノカブト | ケンタウルスオオカブト | コガシラクワガタ | コンフキウスノコギリクワガタ | ゴホンツノカブト | ゴロファ・ポルテリ | サタンオオカブト | サバゲノコギリ | サビイロカブト | シェンクリングオオクワガタ | ショップ訪問 | ジャワギラファ | スツラリスオオクワ | スマトラヒラタ(アチェ) | セール関係 | ゼブラノコギリクワガタ | タカラヒラタクワガタ | タランドゥスオオツヤ2008 | タランドゥスオオツヤクワガタ | ダイスケギラファ | チュウゴクシカクワガタ | テルシテスヒメゾウカブト | ディディエールシカ | ドウイロクワガタ | ニジイロクワガタ | ネプチューンオオカブト | ノコギリタテヅノカブト | パチェコヒメゾウカブト | パプアキンイロ | パラワンヒラタ | ヒラタクワガタ | ヒルスシロカブト | ビルマゴホンツノカブト | ファブリースノコギリ(タリアブ) | フェモラリスツヤ(ボルネオ産) | フォルスターフタマタ(ミャンマー) | フランシスノコギリ | フローレスギラファ | ブリードアイテム | ブルマイスターツヤクワガタ | プラティオドンネブト | ヘラクレス・ヘラクレス | ヘラクレス・オキシデンタリス | ヘラクレス・リッキー | ペット | ペロッティシカクワガタ | ボルネオオウゴンオニ | マルスゾウカブト | マレーコーカサス | ミカルドキンイロ | ミクラミヤマクワガタ | ミンダナオパリーオオクワ | ムナコブクワガタ | メガソマヨルゲンセン | メタリフェル(ぺレン) | メンガタクワガタ | モセリオウゴンオニ | ヤエヤママルバネクワガタ | ユダイクスミヤマ | ヨルゲンセンヒメゾウカブト | ヨーロッパミヤマ | ラコダールツヤクワガタ | ラフェルトノコギリ | レギウスオオツヤクワガタ | ローゼンベルグオウゴンオニ | 入荷情報! | 出演 | 採集 | 昆虫 | 最新入荷情報! | 趣味 | 野外活動 | 飼育