2006年10月18日 (水)

ペレンメタリフェル羽化

材飼育をおこなっていたペレンメタリが羽化しましたが、思いっきり普通のサイズです。温室にいれていたので、思った以上に乾燥が速く、乾燥してきていたのもわかっていたのですが、なんとなくそのままにしてしまいそのまま羽化してしまいました。どうしょうもない結果ですね。次回はもう少し気合いを入れて飼育します。Img_3186

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2006年5月 8日 (月)

メタリフェルホソアカ餌交換

3月1日に割り出したメタリフェルホソアカの餌交換を行いました。かなり寒いところに保管しておいたにもかかわらず、メスの幼虫はすでに蛹室を作っていました。驚くべき成長速度です。オスの幼虫は、まだまだ時間がかかりそうな感じでしたので、BE-KUWA19号の記事にあるように材に埋め込むことにしました。細い材では交換が必要になると思い、やや太目の砂埋めレイシ材と植菌カワラ材に大きくなりそうな幼虫を1頭づつ埋め込んでみました。あとはカワラ菌糸がホソアカにはあっているようなので、カワラ菌糸ブロックに直接幼虫を埋め込んで見ました。材の方はマットなどには埋め込まず、コバシャ小に直接入れ、菌糸ブロックはケースにもいれず、ビニールのままです。ちょっとおおちゃくですが半年後が楽しみです。Img_1819 Img_1821

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ぺレンメタリ割り出し、モセリ餌交換

1月23日にセットしたぺレンメタリの割り出しをおこないました。先日1セット割り出し、残りの2セットも幼虫がちらほら見えてきたので、2セットまとめての割り出しです。結果は5頭と8頭というみじめな結果でした。見苦しいのですが、言い訳をさせていただきますと、産卵したのにもかかわらずこれしか産まなかったのは、産卵に使用したメスがすでに野外で産卵してしまった可能性があると思われます。メタリの場合だいたいいつものパターンですと、スカか20頭ぐらいが多いいのですが、今回は3セットで18頭という不本意な結果になってしまいました。1月23日セットで、まだ1月程度しかたっていませんが割り出した幼虫はすべて2令幼虫でした。恐るべき成長力です。低温管理で大型個体を狙ってみます。

モセリも1頭だけ餌交換をおこないました。2005年11月26日ふ化の個体で、頭幅11.5mm、体重22gでした。これから低温飼育に移行して大型個体を狙います。飼育温度は18℃~19℃です。

写真はメタリ割り出しの1カットです。他の写真も撮ったのですが、なぜかメモリーカードに記録されていません。どうしてだろう?IMG_0539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

ぺレンメタリ割り出し、タランドゥス餌交換など

1月23日にセットしたぺレンメタリ3セットの内、幼虫が外から見えている1セットを割り出しました。ケースの外から5頭の幼虫が見えていたので、15~20頭位いるかと思ったのですが、なんと外から見えていた5頭だけでした。たった5頭では飼育ギネスを狙う以前の問題ですが、とりあえず成虫まで飼育してみます。

ボルネオ産のチュウホソアカのセットもおこないました。この種親は2005年4月下旬に入荷したものですが、セットしたままの状態で5ヶ月ほど放置してしまったため、幼虫はすべて小型化し、成虫になった個体はオスメス問わずすべて20mm台でした。写真でもわかるように、あまりに悲惨な大きさのため種類すらわからない状態ですが、この世代で少しでも大きな個体を目指したいと思います。

タランドゥスの菌糸ビン交換をおこないました。去年の8月にふ化した幼虫で一部の♂と♀の大半は羽化していまいましたが、大きくなりそうな幼虫の一部を低温飼育していたものです。写真を見ていただけばわかりように、38.9gあるのですが、幼虫はまだ色づいておらずもう少し体重は伸びそうです。このまま順調に行けば80mmは超えると思うのですが、どのくらいの大きさで羽化するのか楽しみです。

昨日は風邪をひいてしまい、ブログをお休みさせていただきました。本日より再開いたしますので、よろしくお願いいたします。IMG_0409 IMG_0417

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ぺレンメタリ産卵セット

先日はスラウェシのメタリをセットしましたが、今回はぺレンメタリのセットです。勢いあまり3セットもしてしまいました。「たくさん幼虫が採れそうだ」と思うのですが、こんなときにかぎってまったく採れなかったりします。ブログを立ち上げて、飼育記録を書いている方も多いと思いますが、やっている以上良い結果を出したいと誰もが思うと思います。失敗談も正直に書くつもりですが、やっぱり成功していたほうがかっこいいですね。

先日セットしたローゼンは穿孔を開始いたしました。写真のように、削り粕がこんもりと出て穿孔した穴をふさぐような状態であると大体産卵していると思います。先日採った幼虫は6頭だったので、追加して合計20頭にはしたいですね。IMG_0002 IMG_0003 IMG_0034

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2011年ペルー | お正月 | かぶとむし | アクテオン | アクベシアヌスミヤマ | アヌビスゾウカブト | アマミミヤマクワガタ | アルキデスヒラタ | イベント! | インスラリスキンイロ | インドアンタエウス | インドグランディス | エレファスゾウカブト | オキナワマルバネクワガタ | オーベルチュールシカクワガタ | カマキリ! | ガチャガチャ | ギアスゾウカブト | クーランネブトクワガタ | グラウトコクワ | グラディアトールメンガタクワガタ | グラビゲイルタテヅノカブト | ケンタウルスオオカブト | コガシラクワガタ | コンフキウスノコギリクワガタ | ゴホンツノカブト | ゴロファ・ポルテリ | サタンオオカブト | サバゲノコギリ | サビイロカブト | シェンクリングオオクワガタ | ショップ訪問 | ジャワギラファ | スツラリスオオクワ | スマトラヒラタ(アチェ) | セール関係 | ゼブラノコギリクワガタ | タカラヒラタクワガタ | タランドゥスオオツヤ2008 | タランドゥスオオツヤクワガタ | ダイスケギラファ | チュウゴクシカクワガタ | テルシテスヒメゾウカブト | ディディエールシカ | ドウイロクワガタ | ニジイロクワガタ | ネプチューンオオカブト | ノコギリタテヅノカブト | パチェコヒメゾウカブト | パプアキンイロ | パラワンヒラタ | ヒラタクワガタ | ヒルスシロカブト | ビルマゴホンツノカブト | ファブリースノコギリ(タリアブ) | フェモラリスツヤ(ボルネオ産) | フォルスターフタマタ(ミャンマー) | フランシスノコギリ | フローレスギラファ | ブリードアイテム | ブルマイスターツヤクワガタ | プラティオドンネブト | ヘラクレス・ヘラクレス | ヘラクレス・オキシデンタリス | ヘラクレス・リッキー | ペット | ペロッティシカクワガタ | ボルネオオウゴンオニ | マルスゾウカブト | マレーコーカサス | ミカルドキンイロ | ミクラミヤマクワガタ | ミンダナオパリーオオクワ | ムナコブクワガタ | メガソマヨルゲンセン | メタリフェル(ぺレン) | メンガタクワガタ | モセリオウゴンオニ | ヤエヤママルバネクワガタ | ユダイクスミヤマ | ヨルゲンセンヒメゾウカブト | ヨーロッパミヤマ | ラコダールツヤクワガタ | ラフェルトノコギリ | レギウスオオツヤクワガタ | ローゼンベルグオウゴンオニ | 入荷情報! | 出演 | 採集 | 昆虫 | 最新入荷情報! | 趣味 | 野外活動 | 飼育