2013年1月21日 (月)

アルファック産パプアキンイロ入荷(^^)/

アルファック産のパプアキンイロクワガタ入荷致しました。

♂の最大サイズは46mm(^O^)

特別な色は入荷しておりませんが
元気な個体でブリードには最適です。

明日には生体新入荷情報の方へアップ致しますので
少々お待ちください。

写真は2011年1月30日にアルファック山にて撮影した物です。
Dsc00198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

パプアキンイロクワガタ割り出し

パプアキンイロクワガタ(Lamprima adolphinae )西イリアン・ワメナ産の割り出しをおこないました。これは2月にコバエシャッター小にセットしたもので、ケースの側面からたくさんの幼虫が見えていました。産卵木を入れずに微粒子発酵マットのみで産卵させましたが、30頭ほどの幼虫が出てきました。今回の幼虫は200ccの菌糸カップに入れて飼育していきます。Img_4208

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

パプアキンイロクワガタ餌交換

ワメナ産パプアキンイロクワガタ幼虫のマット交換をしました。このパプキンは昔から飼育しているもので、時折血の入れ替えをしながら飼育してきたものです。色は固定されていて、ほとんどのメスがブルー~パープルのメスで羽化してきます。小さくて飼育しやすくカラーバリエーションが多いので、ついつい増やしてしまいます。Img_3533 Img_3535

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

パプキン羽化

ブログで記録をつけていたパプキンの一部が羽化を開始しました。羽化したのはパプキンDの幼虫で48-49mmで羽化しました。幼虫で9gあったパプキンDは頭幅も8.2mmあり期待していた幼虫でしたが、目標の50mmには届きませんでした。しかし、アルバイトの一人が飼育しているパプキンの幼虫は自分が飼育していた幼虫より、頭幅が大きく体も大きいものがいてこれは50mmを越すかもしれません。他の幼虫も続々と羽化してくると思いますので、羽化しだい報告していきます。

Img_2540

  頭幅 えさ 2006年   羽化 成虫
パプキンA 7.5mm 菌床発酵マット 1/30/2g     ?mm
パプキンB 7.1mm 菌糸ビン 1/30/2g     ?mm
パプキンC 8.0mm 菌糸ビン 2/14/4.2g     ?mm
パプキンD 8.2mm 菌床発酵マット 2/14/5.0g 3/19/9.0g 6月14日 48-49mm
パプキンD 8.0mm 菌糸ビン 2/14/4.6g     ?mm
パプキンF 8.1mm 菌床発酵マット 2/14/4.3g     ?mm
パプキンF 7.8mm 菌床発酵マット 2/14/4.4g 3/19/7g   ?mm
パプキンH 8.2mm 菌床発酵マット 3/19/5g     ?mm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

パプキン蛹化

ブログで記録をつけていたパプアキンイロDが蛹化しました。部屋の温度が高かったため、かなりはやく蛹になってしまいました。そのためか幼虫の体重の割には小さめの蛹です。羽化サイズはどうなるかわかりませんが、期待していたよりは小さそうです。

実はこの蛹は5月8日に蛹になったのですが、ちょうど帰り支度をしていた23時45分ぐらいに蛹化がはじまりました。本当は最後まで見届けたかったのですが、終電が近いため最後まで見届けることができず残念です。さすがに会社に泊まってまでの見る気合は到底ありません。年ですね・・・。前蛹から順番に写真で紹介します。最初の写真から5枚目までは、ほんの15分間のできことで、最後の写真は次の日の朝の状態です。Img_1823 Img_1829 Img_1833 Img_1835 Img_1836 

Img_1846_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

パプキン幼虫のマット交換

パプキン幼虫のマットをおこないました。最初から大きなビン(900cc)に入れたので、特に餌交換をする必要はなかったのですが、ビン越しに大きな幼虫が見えてしまい、特にあける必要もないのですが、ブログの記事にしようと思い聞かせ、1本だけあけてみることにしました。ビン越しに見えたのは幼虫Dで頭幅8.2㍉あった期待の幼虫です。本来、このタイミングでは餌は交換しない方がいいのですが、見えてしまうと気になってしまうのですよね・・・。取り出してみると丸々と太っていて良い感じです。体重は9.0gでかなり大きくなりそうな雰囲気はありますが、いかんせパプキンの飼育データがなく、9gが大きいのかもよくわかりません。パプキン自体はたくさんの飼育経験がありますので、今まで見たパプキン幼虫の中ではかなり大きな方です。

とりあえず、飼育表の空白を埋めてみました。今後餌交換はぜず、ここのまま最後まで飼育していこうと思っています。ビン越しに見えた幼虫を見てみるとマット飼育の方が全体的に幼虫が大きくなっているような気がしています。しかし、幼虫自体の素質が違うので、菌糸、マットどちらかが大きくなるかは簡単にはいえません。

  頭幅 えさ 2006年     成虫
パプキンA 7.5mm 菌床発酵マット 1/30/2g     ?mm
パプキンB 7.1mm 菌糸ビン 1/30/2g     ?mm
パプキンC 8.0mm 菌糸ビン 2/14/4.2g     ?mm
パプキンD 8.2mm 菌床発酵マット 2/14/5.0g 3/19/9.0g   ?mm
パプキンD 8.0mm 菌糸ビン 2/14/4.6g     ?mm
パプキンF 8.1mm 菌床発酵マット 2/14/4.3g     ?mm
パプキンF 7.8mm 菌床発酵マット 2/14/4.4g 3/19/7g   ?mm
パプキンH 8.2mm 菌床発酵マット 3/19/5g     ?mm

IMG_1051

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

パプキン巨大化プロジェクト

ワイゲデ産パプキン巨大化プロジェクトパート2です。1月30日割り出し時に2令幼虫だった幼虫が3令幼虫に加齢していたので、大きめなオスの幼虫を何頭か選んでみました。前回は頭幅7.1mm、7.5mmの2頭の幼虫を選び出しましたが、今回は頭幅8.0mmを越える幼虫が4頭出てきました。いままでパプアキンイロの幼虫の頭幅など計ったことがなかったので、いったいどれくらいの頭幅が大きいのかわかりませんでしたが、結果的に7mm台ではたいしたことがないということがわかりました。これをふまえると前回選んだ2頭の幼虫は、ギネスを狙うには難しい幼虫ですがですが、これらの幼虫がどれぐらいの大きさで羽化するのかも一緒に調べてみたいと思います。まだ、2令幼虫がいますので、大きめの幼虫がいれば追加していきます。

  頭幅 えさ 2006/1/30 2006/2/14   成虫
パプキンA 7.5mm 菌床発酵マット 2g     ?mm
パプキンB 7.1mm 菌糸ビン 2g     ?mm
パプキンC 8.0mm 菌糸ビン   4.2g   ?mm
パプキンD 8.2mm 菌床発酵マット   5.0g   ?mm
パプキンE 8.0mm 菌糸ビン   4.6g   ?mm
パプキンF 8.1mm 菌床発酵マット   4.3g    
パプキンG            
パプキンH            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

パプキン割り出し&巨大化プロジェクト

パプアキンイロ(西イリアン・ワイゲデ産)の割り出しをおこないました。セットしたコバシャ中からは合計31頭の幼虫が割り出すことができました。今までのパプキン飼育は色を出すことに重点を置いて飼育していましたが、この産地のものは大きな♂が入荷していたので、今回は大きな個体を出すことに重点を置いて飼育をしてみたいと思います。

すべての幼虫をビップ待遇で飼育するわけにもいかないので、5頭の♂の幼虫をを選び出すことにしました。採れた幼虫の比率は2令幼虫が19頭、3令幼虫が12頭です。まず3令幼虫の中より、2頭の♂幼虫を選び出しました。選び方はより大きな頭を持つ幼虫です。幼虫の頭が大きければ必ず大きくなるというわけではありませんが、頭の小さな幼虫よりは大きくなる可能性があります。もうひとつの選び方は、足の太い幼虫です。同じくらいの大きさの幼虫であれば、より足の太い幼虫のほうが大きくなる可能性があります。これらのことをふまえながら、3令幼虫の中から2頭の幼虫を選び出しました。残った19頭の2令幼虫はまだ小さすぎて、選ぶことができないので、3令幼虫になるまで待ってから選ぶことにします。

大きな個体を出すのでパプキンには大げさかと思いましたが、900ccのガラス瓶を使い、餌も菌糸ビンと発酵マットの2種類を使ってみることにします。しょぼいですが、成長過程がわかりやすように表も作ってみました。何とか大きな個体が羽化するといいのですが・・・。とりあえず2週間後に残りの3頭を選び出して、またブログで紹介したいと思います。

パプキン育成表

  頭幅 えさ 2006/1/30     成虫
パプキンA 7.5mm 菌床発酵マット 2g     ?mm
パプキンB 7.1mm 菌糸ビン 2g     ?mm
パプキンC           ?mm
パプキンD           ?mm
パプキンE           ?mm

IMG_0117

IMG_0122 IMG_0125 IMG_0128

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2011年ペルー | お正月 | かぶとむし | アクテオン | アクベシアヌスミヤマ | アヌビスゾウカブト | アマミミヤマクワガタ | アルキデスヒラタ | イベント! | インスラリスキンイロ | インドアンタエウス | インドグランディス | エレファスゾウカブト | オキナワマルバネクワガタ | オーベルチュールシカクワガタ | カマキリ! | ガチャガチャ | ギアスゾウカブト | クーランネブトクワガタ | グラウトコクワ | グラディアトールメンガタクワガタ | グラビゲイルタテヅノカブト | ケンタウルスオオカブト | コガシラクワガタ | コンフキウスノコギリクワガタ | ゴホンツノカブト | ゴロファ・ポルテリ | サタンオオカブト | サバゲノコギリ | サビイロカブト | シェンクリングオオクワガタ | ショップ訪問 | ジャワギラファ | スツラリスオオクワ | スマトラヒラタ(アチェ) | セール関係 | ゼブラノコギリクワガタ | タカラヒラタクワガタ | タランドゥスオオツヤ2008 | タランドゥスオオツヤクワガタ | ダイスケギラファ | チュウゴクシカクワガタ | テルシテスヒメゾウカブト | ディディエールシカ | ドウイロクワガタ | ニジイロクワガタ | ネプチューンオオカブト | ノコギリタテヅノカブト | パチェコヒメゾウカブト | パプアキンイロ | パラワンヒラタ | ヒラタクワガタ | ヒルスシロカブト | ビルマゴホンツノカブト | ファブリースノコギリ(タリアブ) | フェモラリスツヤ(ボルネオ産) | フォルスターフタマタ(ミャンマー) | フランシスノコギリ | フローレスギラファ | ブリードアイテム | ブルマイスターツヤクワガタ | プラティオドンネブト | ヘラクレス・ヘラクレス | ヘラクレス・オキシデンタリス | ヘラクレス・リッキー | ペット | ペロッティシカクワガタ | ボルネオオウゴンオニ | マルスゾウカブト | マレーコーカサス | ミカルドキンイロ | ミクラミヤマクワガタ | ミンダナオパリーオオクワ | ムナコブクワガタ | メガソマヨルゲンセン | メタリフェル(ぺレン) | メンガタクワガタ | モセリオウゴンオニ | ヤエヤママルバネクワガタ | ユダイクスミヤマ | ヨルゲンセンヒメゾウカブト | ヨーロッパミヤマ | ラコダールツヤクワガタ | ラフェルトノコギリ | レギウスオオツヤクワガタ | ローゼンベルグオウゴンオニ | 入荷情報! | 出演 | 採集 | 昆虫 | 最新入荷情報! | 趣味 | 野外活動 | 飼育