« グラウトコクワ羽化 | トップページ | ディディエールシカ羽化ラッシュ »

2008年4月 7日 (月)

サタンオオカブトふ化

サタンオオカカブト(Dynastes satanus )ボリビア・コロイコ産、1月に産卵した卵がふ化し始めました。冬場の為、飼育部屋の温度が上がらず、ふ化までに相当時間がかかっています。50個程度あった卵は、35頭位ふ化していました。雌雄の判別ができるようになるまで、スペースの関係上しばらくまとめて飼育します。R0012273

|

« グラウトコクワ羽化 | トップページ | ディディエールシカ羽化ラッシュ »

コメント

サタンいいですね。でも高すぎです。自分には幼虫1匹すら購入できません。   この幼虫で超大型+超美形を目指して頑張ってください。

投稿: こんにちは | 2008年4月 8日 (火) 22時45分

サタンは成虫は本当にかっこいいですよね。
100mm前後のやつなどは格別ですね。
幼虫飼育期間が長い分、羽化したときはさぞ嬉しいことと思いますが、最近モロン&マヤやアクティオンなどに手を出してから、サタンって短いんだな~と思いました。笑

投稿: ジョニー | 2008年4月 9日 (水) 23時11分

こんにちはさん
サタンも価格が下がりつつあるので、これから購入するチャンスも出てくるかと思いますよ!
ジョニーさん
サタンは良いですよね!上品で高貴な感じがたまりません。モロンは羽化してから休眠が長く、アクテオンは幼虫期間が長いので、自分はたくさんの個体を飼育する自信がなく、少数だけ飼育しています。

投稿: iijiman | 2008年4月13日 (日) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サタンオオカブトふ化:

« グラウトコクワ羽化 | トップページ | ディディエールシカ羽化ラッシュ »