« Fanciers SITE訪問 | トップページ | グラディアトールメンガタ産卵セット »

2006年1月30日 (月)

パプキン割り出し&巨大化プロジェクト

パプアキンイロ(西イリアン・ワイゲデ産)の割り出しをおこないました。セットしたコバシャ中からは合計31頭の幼虫が割り出すことができました。今までのパプキン飼育は色を出すことに重点を置いて飼育していましたが、この産地のものは大きな♂が入荷していたので、今回は大きな個体を出すことに重点を置いて飼育をしてみたいと思います。

すべての幼虫をビップ待遇で飼育するわけにもいかないので、5頭の♂の幼虫をを選び出すことにしました。採れた幼虫の比率は2令幼虫が19頭、3令幼虫が12頭です。まず3令幼虫の中より、2頭の♂幼虫を選び出しました。選び方はより大きな頭を持つ幼虫です。幼虫の頭が大きければ必ず大きくなるというわけではありませんが、頭の小さな幼虫よりは大きくなる可能性があります。もうひとつの選び方は、足の太い幼虫です。同じくらいの大きさの幼虫であれば、より足の太い幼虫のほうが大きくなる可能性があります。これらのことをふまえながら、3令幼虫の中から2頭の幼虫を選び出しました。残った19頭の2令幼虫はまだ小さすぎて、選ぶことができないので、3令幼虫になるまで待ってから選ぶことにします。

大きな個体を出すのでパプキンには大げさかと思いましたが、900ccのガラス瓶を使い、餌も菌糸ビンと発酵マットの2種類を使ってみることにします。しょぼいですが、成長過程がわかりやすように表も作ってみました。何とか大きな個体が羽化するといいのですが・・・。とりあえず2週間後に残りの3頭を選び出して、またブログで紹介したいと思います。

パプキン育成表

  頭幅 えさ 2006/1/30     成虫
パプキンA 7.5mm 菌床発酵マット 2g     ?mm
パプキンB 7.1mm 菌糸ビン 2g     ?mm
パプキンC           ?mm
パプキンD           ?mm
パプキンE           ?mm

IMG_0117

IMG_0122 IMG_0125 IMG_0128

|

« Fanciers SITE訪問 | トップページ | グラディアトールメンガタ産卵セット »

コメント

こんにちは。

特大パプキン狙いは私も一度挑戦した事が
あります。。がギネスには届きませんでしたが
かなり大きくなりました。

むし社で購入したパプキンでした。

結果を楽しみにしております。
頑張って下さい!

投稿: who am i? | 2006年1月31日 (火) 03時50分

who am i?さん
むし社でのパプキン購入ありがとうございます。結果は半年以上先で、どうなるかわかりませんが、楽しみにしていてください。

投稿: IIJIMAN | 2006年1月31日 (火) 18時57分

いつも楽しみに拝見しております。
我が家では子供が寝静まってから、産卵セットなどをするので、お仕事で虫の飼育ができるなんて、うらやましい限りです。

子供にせがまれて昨年5月に「むし社」で購入したパプキンの子孫が、11月頃から羽化して今は20匹程度に増えました。
クワガタのブリードは、このパプキンが初めてで試行錯誤して育てましたので、とても愛着のある虫です。
今回は色を意識して飼育してみたいと考えていますが、何かコツのようなものがあるのでしょうか。
巨大化プロジェクトも期待しています。

投稿: 菅原パパ | 2006年1月31日 (火) 20時37分

菅原パパさん
いつもブログを見ていただいてありがとうございます。はじめてまだ一ヶ月もたっていませんが、毎日自分の書いた日記についたコメントを読むのを楽しみにしています。これからも何か気になることがありましたら、じゃんじゃんコメントしてください。

パプキンの色は、血統が重要になってきます。青や紫のメスからは、子供も青や紫の色が出やすいです。緑、赤などの色から青、紫の色が出ないわけではないですが、自分の出したい色を種親に使うのがいいと思います。

投稿: IIJIMAN | 2006年2月 1日 (水) 12時31分

始めまして^^ パプキン巨大化プロジェクト楽しみにしています。
私も、1月始め、福袋が終わったあとのガラガラのむし社でアルファック産のパプキンを購入して来ました。

先日の日曜も、用事のついでに寄りましたが、アルファック産パプキンがやまほどありましたねぇ。これらは、同じ時期のブリードみたいですが、ノーマル色なのでしょうか?

投稿: はいでぃ | 2006年2月 1日 (水) 20時25分

はいでぃさん
はじめまして!ブログ見ていただいてありがとうございます。パプキン巨大化プロジェクトは自分も楽しみです。目標50ミリです。
むし社で売っている、パプキンアルファックはノーマルカラーのメスを使っています。ただ、ノーマルカラーからも青系のメスが羽化することもあるので、こればっかりは羽化するまでわかりませんね。
実ははいでぃさんの日記、いつも楽しみに見ていますよ!

投稿: IIJIMAN | 2006年2月 4日 (土) 05時35分

え?(^^; 飯島さんにお見せするような日記ではないのですが(^^;

今年クワが羽化したら、ようやく1サイクルが完成します。ようやく初級者の仲間入りかなとおもっているぐらいでして。

むし社でのパプキンブリードは、「初めて飼うクワガタムシ」記載の方法でしょうか?他に何か注意点などありましたら、教えていただきたいのですが。店頭に並んだパプキンの幼虫プリンカップを見て、ちょっと衝撃を受けているものですから。

投稿: はいでぃ | 2006年2月 4日 (土) 16時20分

はいでぃさん
パプキンの飼育方法は特にコツなどはないですが、飼育品の場合成熟した個体を使うことです。使う飼育用品ではよく発酵した微粒子マットを使うこと、マットをケースに硬くつめることなどです。ケースの大きさはプラケース小で十分ですが、パプキンは複数入れても大丈夫なので、むし社では1♂2♀ぐらいでコバシャ中にセットすることが多いです。温度は高めの25℃位が良く産卵すると思います。

投稿: IIJIMAN | 2006年2月 6日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161917/8421213

この記事へのトラックバック一覧です: パプキン割り出し&巨大化プロジェクト:

« Fanciers SITE訪問 | トップページ | グラディアトールメンガタ産卵セット »